【当てはまったら要注意のNG習慣】タオルドライ、ノンワイヤーブラ、自己流筋トレ。解消すればキレイがレベルアップ間違いなし!

肌のコンディションがいつも良い人、体が引き締まっていて見惚れちゃう人、いつも笑顔でキラキラしている人。そんなキレイで素敵な人が普段から実は気にかけている「キレイになるために辞めたこと」を大調査。今回はライフスタイルに関することを発表します!


― 宮崎葉 ―
辞めたのは…髪を完全に乾かさずに寝ちゃうこと

今まではタオルドライ後、まだ完全には乾ききっていない髪をタオルで包んで寝ていました。美容師さんに「乾かさないと痛むから、キレイに伸ばしたいなら絶対乾かした方がいい」と言われたことがきっかけで、リファのドライヤーを購入し、それからは基本的に毎晩乾かして寝るように。

辞めたら…寝ぐせ知らずでスタイリングが楽ちん

今まではよく付いてしまっていた寝ぐせが付かなくなりました。朝のスタイリングは髪を軽く梳いて完成するので、準備の時間が短縮! 髪のコンディションもこれから上向きになることを期待しています。

 

― 磯俣愛 ―
辞めたのは…ノンワイヤーブラ

よくノンワイヤーブラを着けていたのですが、下着屋さんで働く友達から「週1~2回以上使うと垂れていく…」と聞いてから使う頻度を減らしています。カップの面積やサイドの布もしっかりした、ホールド感が強いものを選ぶように。

辞めたら…形が整ってきた

まだはっきりとした効果までは分からないのですが、バストの形が整ってきた気がします。今後も続けていくことで、形が崩れたり垂れたりするのを防げるといいな。

 

― 菅沼ゆり ―
辞めたのは…負荷をかけすぎた筋トレ

体を引き締めたくて筋トレをしていたのですが、自分の理想のスタイルに合った運動量や負荷を理解しないままトレーニングしていました。今ではきちんとなりたいスタイル、引き締めたい部分に合わせて、パーソナルトレーニングを続けています。

辞めたら…好きな服に合ったほど良いボディラインに

無理なトレーニングで肩とヒザを痛めたうえ、二の腕も逞しくなってしまったんです。好きなタイトなお洋服が似合わなくなってしまって…。なりたいスタイルにあった負荷・運動量でトレーニングするようになり、ムキムキではなく、ほど良いボディラインになれた!

 

― 碓井玲菜 ―
辞めたのは…ランニングだけのトレーニング

食べるのが大好きなのでその分消費しようと、とにかくジムのマシンで走っていました。でも、走るだけだと中々続かないし、あまり効いている感じがしなかったので、マシンを使って引き締めたい部位別に筋トレするように変えました。

辞めたら…体のラインがキレイに

太ももを引き締める、ヒップアップする、腹筋に線を入れる、など目標が叶ったボディに。ランニングの方が運動してる感はあるけど、筋トレの方がしっかり気になる部位にフォーカスして鍛えられています!


撮影/英里
取材・文/清水優香子