【新連載・キニナルあの子】不思議な世界観も魅力。黒髪美人の大学生モデル“ナナオちゃん”に迫る♡

自分の“好きなこと”を極めて輝いている人にクローズアップする、新企画「キニナルあの子」。記念すべき第3回目は、オン眉&黒髪ロングがトレードマークの大学生モデル、ナナオちゃんにインタビュー。ヘアケアやメイクなど、美容のこだわりについて教えてもらいました♡


\ 6月の「キニナルあの子」No.3 /
思わずその美髪に目が惹かれる!
ナナオちゃんって?
●PROFILE●

Name:ナナオ

Age:22

Instagram:@oo0o0o00oo

 

黒髪ロング眉上のショートバング、そしてキリっとクールな目元によって作り出されるアンニュイさが魅力の現役大学生。大学1年生でサロンモデルをはじめ、最近ではポートレート作品からファッションブランドのモデルまで、着実に活躍の場を広げているニューフェイス。独特の世界観が溢れるInstagramとは裏腹に、実は笑顔がキュートで気さくな一面も持つナナオちゃん。自身の魅力を最大限活かせるモデルになりたいと、ヘアメイクにもしっかりこだわっているのだとか♡

\ Nanao’s Beauty Recipe♡ /

ナナオの美髪のルーツ
大学1年生:ミニボブ時代

撮影/Nishijima Tatsuhiro

「自分らしさを活かしたくて、髪色は黒ベースをずっとキープしています。でも大学に入ったばかりの頃は、今みたいなロングではなくショートボブだったんです。“黒髪ロング”に憧れて伸ばし始めたのは2年ほど前。オン眉にしたのもつい最近なんですよ。美容師さんに似合うと言っていただいたのをきっかけに、思い切ってみました! 今の髪型になってから、覚えてもらいやすくなったのが嬉しいです」。

「私の髪は一本一本が細くて毛量も少ないので、あえて毛先は重さが残るようにぶつっとした感じに切ってもらっています。長くなればなるほど髪が傷みやすいので、ケアにも気を遣うようになりました!」。

 

( Hair Care Items )

(左から)●フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク/資生堂 ●無印良品 ホホバオイル/良品計画
「今のヘアスタイルは、今まででいちばんお気に入りなのですが、長いからこそ痛みや切れ毛が気になりやすいのが悩み。美容室でトリートメントをしてもらう以外にも、週1でホームトリートメントをしたり、毎日オイルをつけてケアするようにしています。ホホバオイルは、濡れ髪に馴染ませてからドライヤーをするのがポイントで、べたつかずにさらさらに仕上がるのでオススメです」。

「いちばん時間がかけているのが前髪のセットで、毎日15分ほど。何もしないと浮いてしまうので、毎朝丁寧にドライヤーとアイロンとを使って整えています。特に雨の日はクセが出てしまうのでセットは念入りに。このスタイルはしばらくは止められない(笑)」。

【ナナオちゃんの前髪の作り方】
①前髪を上の段(表面)と下の段(顔に近いほう)とに分けてブロッキング
②下の段→上の段の順に、ドライヤーをあてて浮きを押さえる
※このときに片手で髪がまっすぐ伸びるように押さえ付けながらするのがポイント
③ストレートアイロンで毛先を軽く内巻きにする


\ 黒髪×オン眉に映える、アイメイク /

「メイクは意思が強そうなクールさを意識しつつ、ナチュラルに見えるようなバランスを常に考えています。中でも、アイラインはこだわりポイント。最近の定番はブラックのアイラインを上向きに、そして太めに入れること。きりっとした切れ長な目を表現するために日々研究&練習をしています。またピンクのチークを目の周りに足して、血色感を出しているのもこだわりです」。

(左から)●リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 016/リンメル ●セザンヌ ナチュラル チークN 18/セザンヌ化粧品 ●ラブスイッチ オイルトリートメント マスカラM ピンクブラウン/フィッツコーポレーション ●フローフシ モテライナー リキッド チェリーチーク/フローフシ ●メディア ラスティングアイライナーA BR/カネボウ化粧品

 

【ナナオちゃんのアイメイクのポイント】
①目尻のラインはきりっと切れ長に
②マスカラはブラウンでアイラインとのメリハリを
③眉はふわっとナチュラルにして引き算
④アイシャドウは血色感を足すようにピンクチークをプラス。

 


 

\ ナナオちゃんのこれから /

「本格的にモデルとして頑張ると決めたときに、自分が持つ素材をもっと生かしたいと思ってたどり着いたのが今のヘアメイク。髪やきりっとした目元を活かすことで、他のモデルさんとは違う表現ができたり、良い意味でインパクトを残せたりできるかなと。ヘアケアやスキンケア、メイクにこだわるようになってから、美容がもっと楽しくなってきているので、もっと磨いてもっと発信していきたいです! 最近はInstagramでもこのヘアメイクで覚えてもらえることが増えてきました。この調子でどんどん浸透させて、アイコニックな存在になりたいです。そしてファッション雑誌や広告などで、もっと活躍の場を広げていけたら嬉しいなと思います」。


撮影/ナナオ
構成・文/平木彩夏
※●のアイテムはすべてモデル私物です。商品名はモデルの申告および編集部調べによるものです。