韓国で大流行“クアンクメイク”を攻略! 日本で買うなら「A’pieu」コスメがハズレなし

withコロナ時代に変化! 韓国のメイクの流行は軽い使用感とともに、透明感を生かした明るくてナチュラルなメイクアップに。そんな韓国女子の間で大流行の“クアンクメイク”を「A’pieu(アピュー)」のコスメとともにご紹介します♡

クアンクメイクって?

クアンクは、「꾸민듯꾸민듯(クミンドゥッアンクミンドゥッ)=着飾ったような着飾ってないような」という韓国語の略で、“クアンクメイク”は、おしゃれだけどキメすぎていない、抜け感のあるメイクのこと。白過ぎないリアルスキンカラー、MLBBリップ、セパレートした上向きまつ毛、陰影を強調するアイメイクなどが特徴です

おすすめの「クアンクメイク」のコツ

アイ:肌のトーンに近いカラーで陰影をつける。韓国語で“エギョサル”(愛嬌の肉)ともよばれる涙袋はグリッターシャドウで強調させるとトレンド感アップ。
リップMLBBカラーのティントで、マスクを取った時にも血色感が演出できるように。
まつ毛:マスクからの湿気で下がりがちなので、マスカラベースを併用し、しっかりコーミング。
:白すぎず、ナチュラルで軽い使用感や透明感生かしたトーンアップ効果のある化粧下地やファンデーションを使用。

※MLBBカラーとは、「My Lips But Better」の略で「自分の唇の色のように見える自然さだけど、ちょっとだけ素敵なカラー」という意味。パキッとしたカラーではなく、ベージュやコーラルなど素の唇に近い、ヌーディでナチュラルな色味であることが特徴です。韓国ではおなじみの言い回しで、オルチャンの所持率も高め。日本ではSNS上を中心に認知拡大しつつある「粘膜色リップ」とほぼ同じ概念です。

“クアンクメイク”におすすめのアピュー商品はこれ!

アピューフルショットルーティーンアイパレット」
2021日本限定春夏カラー(全3色)※数量限定
価格:1650円 サイズ:H152mm×W100mm×D15mm
一つのパレットで簡単にクアンクメイクが完成! 今夏、アイメイクは、クアンクメイクのナチュラルな肌に馴染みやすい、くすみ感のあるカラーがトレンドです。3つの質感(シマー、マット、グリッター)がレイヤードされていて、4色パレットの個性が最大限生かせます。

アイメイクはくすみ感のあるカラーがトレンド

デイリーな陰影カラーにちょっとだけ華やかさを加えることがポイント! さらに、細かいラメと大粒のホログラムをミックスしたグリッターシャドウで涙袋を強調させると、トレンド感がアップします。全3色ともにクアンクメイクの肌に馴染みやすい、くすみ感のあるカラーで、今夏のメイクにおすすめです。

アピュージューシーパンスパークリングティント
2021年日本限定春夏色:JRD01(胸きゅんイチゴジャム)/JOR01(おすましマーマレード)
価格:1100円 サイズ:H152mm×W100mm×D15mm
ラメの光沢感ともぎたて果実のようなジューシーな発色が特長のシリーズ。最初に塗ったカラーのツヤや発色が長時間持続します。今夏、クアンクメイクのリップ、自分の唇や肌色に馴染むMLBBカラーが引き続き人気ですさらに、くすみを感じるディープトーンのカラーを選ぶことでトレンド感がアップします。
くすみ感のあるディープトーンの透明感ジャムカラー
2色とも、華やかでありながら少しくすみ感があるディープトーンのMLBBカラーで、肌トーンを問わず、なじみやすい今夏のトレンドカラーです。
(画像左から)
「胸きゅんイチゴジャムJRD01自分の唇の色のように見える自然さだけど、ちょっとだけ素敵ピンクラメ・イエローラメ・グリーンラメが重なり合うレッドカラーです。
「おすましマーマレードJOR01韓国トレンド、ディープトーンのオレンジカラー。ゴールドラメ・イエローラメ・オレンジラメが重なり合うオレンジカラーです

構成・文/馬場椎菜
※掲載商品はすべて税込価格です。