自眉を活かすとうまくいく! “色素薄い系”村濱遥の「ナチュラル眉」のつくり方

メイクの腕に定評ありなmerモデルが、研究を重ねて辿り着いたとっておきの眉メイクを紹介。マスクなしはもちろん、つけていても抜群に可愛くおしゃれ♡ メイクのセオリーにとらわれない、オリジナルのテクニックも必見です!


\はま’s BEST/

ベースを生かしたナチュ眉

「今まではペンシルを使って平行眉にしていたけど、存在感ありありな“ザ・眉”になってしまって(笑)。今の髪型だと、がんばりすぎの眉は似合わないので、整えも染めもしないナチュラル眉にシフトチェンジ。左右非対称なので、太さが足りない方を微調整して毛量をアップさせています!」

 

 

 

 

・こだわり4か条・

・ペンシルではなく、明るめのパウダーでふんわり仕上げる

・まつ毛用のマスカラを使って毛流れをしっかり固定

・まつ毛と眉の色をそろえて統一感のある目元に

・足りない眉頭をマスカラで埋めて毛並みも整える

 

\眉にZOOM UP/

眉と眉の間 3cm
眉の長さ 5.5cm
眉の太さ(眉頭) 5mm
眉の太さ(眉山) 1cm

\髪色に合わせて明るめトーンをチョイス!/

はまの眉メイク

 

・使うもの・

A
ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-4

「3色入っているので髪色に合わせやすいのが高ポイント。付属のブラシも使いやすくて、理想の眉が作れる♡」

 

B
ウズ バイ フローフシ モテマスカラ コッパー

「眉の毛流れが、眉マスカラよりも断然整う! 塗りやすいし、眉を自然に染め上げてくれるのもお気に入りです」

 

 

- - - - - - - - - -

・メイク方法・

1

毛量が足りない部分をパウダーで埋める

Aの中間色と明るいベージュをブレンドして、眉頭から黒目上ぐらいまでを軽くなぞる。眉の足りない部分を自然に埋めるようにソフトタッチで。

 

締め色をプラスして眉尻をなぞる

Aの濃いブラウン(上)をブラシに取り、眉の中央から眉尻をなぞる。ペンシルで描くとメイク感が強調されるので、パウダーでふんわり仕上げに。

 

3

ブラウンのマスカラで毛並みをそろえる

足りない眉頭の毛量を増やすイメージで、Bで下から上に向かってとかす。眉の中央部分は下向きに生えているので、上から下になぞって毛並みを整える。左に比べ、右眉尻のボリュームが足りないので、眉尻にも軽く重ねて毛量と色ムラを均一に。

 

 

「みんなも眉メイクに挑戦してみよう♡」


撮影/鈴木悌絵
モデル/村濱遥

文/末永陽子
編集/祖谷美帆