圧倒的な透明感♡ 新作プチプラシャドウで叶える「バイカラーアイメイク」

マスク着用がデフォルトとなった今年の夏。高温多湿にムレも加わり、キレイのテンションは落ち込む一方。そこで大人気ヘア&メイクのGeorgeさんが、今こそ取り入れたい激変アイメイクを指南! マスクしていても飛び抜けて可愛くなれるうえ、気分も上向きになれちゃう。これぞGerogeマジック♡


\バイカラーでこなれる/
透明感溢れる
「パープルアイメイク」

Before ⇄ After

 

 

 

目元のクマやくすみ、疲れ目などのトラブルを解消してくれるのがラベンダー。下まぶたにぼかすだけで白目がクリアに見え、透明感が宿る眼差しに。上下のカラーを変えた計算尽くの“バイカラーEYE”で、メイクの鮮度もシャレ感もアップ♡


▶︎▶︎
マスクをしてもこんなに盛れるよ


使うもの

A

「シアーな発色&輝きで目元に透明感が生まれる。捨て色なしの優秀パレット」

ヴィセ リシェ プリズムヴィーナス アイズ PU-4 1200円※編集部調べ/コーセー(8/21発売)

B

「ニュアンスのあるカシスブラウンで色気を醸す。カラーシャドウとも相性◎」

デジャヴュ ラスティンファインE クリームペンシル カシスブラウン 1200円/イミュ

C

「マスカラを黒からバイオレットに変えるだけで、シャレ顔をお約束♡」

アートエクスプレッショニストマスカラ 03 4000円/THREE(8/19発売)

 

こんな新作シャドウもオススメ!

「濁りのないクリアな発色で、抜け感とピュアさが仕込める」

エクセル リアルクローズシャドウ CS11 1500円/常盤薬品工業


メイク方法

ピンクのシャドウを上まぶたにON

Aのピンク(下)をチップに取り、二重幅よりも狭め&目尻長めにのせる。先端が細いチップを使い、ラインを描く感覚でトライ。

 


パールを重ねてカラーを馴染ませる

Aのパール(左上)を重ね、ピンクのシャドウとの境目を馴染ませる。赤みがかったピンクだから、ぼかしても目元が腫れぼったく見える心配なし♪

 

パープルを下まぶたにのせる

Aのパープル(右上)を下まぶたフルにON。目尻は幅広く、目頭に向かってインサイドに入れるように細くなるようのせて。“太く→細く”ぼかすことで、目元の膨張感を回避。

 


深みのあるカシスカラーで目元を引き締める

まつ毛とまつ毛の間を埋めるように、Bでインサイドラインを描く。アイシャドウと同様、目尻はやや長めに跳ね上げて。下まぶたのカラーとラインを色合わせすると、まとまり感が出てグッドバランス!

 

ニュアンスカラーのマスカラで統一感を

ビューラーでまつ毛を立ち上げ、Cを全体に塗る。黒やブラウンだといつものアイメイクと変わり映えしないので、カラーマスカラを投入するのが今っぽさを醸す秘訣♡

 

教えてくれたのは
George さん(@george828

トレンドを巧みにキャッチし、絶対的可愛いフェイスに仕上げる人気ヘア&メイク。そのテクニックを惜しみなく披露している、YouTubeチャンネル「George’s Beauty up」も必見!

 

 

Shop List

 

コーセー
0120-526-311

イミュ
0120-371367

THREE
0120-898-003

常盤薬品工業 サナお客様相談室
0120-081-937

 


モデル/辻千恵
撮影/鈴木悌絵

ヘアメイク/George
文/末永陽子
構成/祖谷美帆