子供っぽくなってない? こなれる無造作“お団子ヘア”のキホン

ヘア&メイク界のプリンスこと石川ユウキさんが、定番のアレンジがグッと見違える簡単テクニックを紹介! 「ヘアが決まればメイクもより一層可愛く見えるし、オシャレ度もグンとアップしますよ!」と石川さん。直伝の技をマスターすれば、アレンジのクオリティも倍増。可愛いが加速すること間違いなし♡


\ドライな質感が新鮮!/
ゆるっと無造作なお団子

ドライな質感を演出できるミストを使い、あえてきしませるのが今っぽく見せる秘訣。上品すぎない仕上がりは、Tシャツなどのラフ&カジュアルコーデとも好相性♡


❤︎

お団子ヘアのルール

シーミストでドライな質感を仕込む

✔根元にクセをつけてボリュームアップ

✔毛束を引き出して無雑作感を演出

 

Use it

●S&Lシーミストスプレー N/ジョンマスター オーガニック

自然なボリュームを与えながら、無造作でドライな質感に整えてくれます。ラベンダーの香りも◎

 

How to

髪全体を波巻きしてゆるさを仕込む

ストレートアイロンで髪全体をざっくり波巻きにする。巻き終わったらシーミストをスプレーし、カールをほぐして。ツヤのあるお団子だとキレイにまとまり過ぎるので、バサッと小洒落た雰囲気をプラス。

 

ロープ編みをラフにまとめる

1

2

3

4

トップの高い位置でポニーテールを作る。結び目のすぐ上の髪をアイロンで挟んで立ち上げ自然なボリューム感を仕込んで。
毛先を2つに分け、それぞれをクロスさせてロープ編みしたら結び目に
巻きつける。毛先を多めに残してピンで留め、仕上げにお団子から細かく毛束を引き出す。

 

前髪の量を調節して抜け感アップ


前髪の表面をねじって持ち上げ、毛先をピンで留めてシースルーバングに。ねじった髪は中央寄りにピンで留めると、お団子の毛流れと馴染んでより自然な仕上がりに。前髪が透けることで、ラフな雰囲気を後押し!

 

教えてくれたのは…

石川ユウキ さん

韓国メイクを日本人向けに落とし込んだ「ハニルメイク」の提唱者。卓越したテクニックとオリジナリティあふれるヘアメイクで、女優やアーティスト、merモデルからの使命も多い。スリーピース所属。


撮影/生駒由美
モデル/碓井玲菜
ヘアメイク/石川ユウキ(Three PEACE)

文/末永陽子
構成/祖谷美帆

※●のアイテムはヘアメイクの私物です。商品名はヘアメイクの申告及び編集部調べによるものです。