実は簡単! 3STEPで憧れの韓国っぽ“ウェーブ前髪”

ヘア&メイク界のプリンスこと石川ユウキさんが、定番のアレンジがグッと見違える簡単テクニックを紹介! 「ヘアが決まればメイクもより一層可愛く見えるし、オシャレ度もグンとアップしますよ!」と石川さん。直伝の技をマスターすれば、アレンジのクオリティも倍増。可愛いが加速すること間違いなし♡


Before 

ストレートのままの前髪は、シンプルすぎてお洒落とはほど遠い印象。シースルーっぽく仕上げているけど、束感のつき方もなんだか微妙。

 

\小洒落た雰囲気に仕上がる/
韓国ガール風ウェーブ前髪

シースルーバングよりも、さらにお洒落をステップアップさせたいならこの前髪がおすすめ。強めのカールがこなれた雰囲気を演出♡ 人とかぶらない、自分らしさを醸し出せます!


❤︎

ウェーブ前髪のルール

油分を与えてNOTチリチリ仕上げに

✔外ハネ→内巻きでカールづけ

✔つまんで散らしてニュアンスをON

 

Use it

●ムコタ プロミルオイル/ナカガワ

「髪にツヤを与えてまとまり感をアップするヘアオイル。オイル特有の重さがなく、軽やかな動きもメイク!」

 

 

How to

オイルを毛先中心に馴染ませる

オイルを手の平に伸ばし、前髪の毛先を中心に馴染ませる。最初にオイルをつけることで、アイロン使用後のパサつき感を回避。指で散らしたときも、スタイリングがサマになる!

 

アイロンで毛先を外ハネにする

前髪を2~3cmずつ取り、ストレートアイロンで毛先を外ハネにする。中央から放射線状に巻くとバランス良好。カクッと折れ曲がらないよう、軽くテンションをかけて毛先をカールさせて。

 

前髪の中央を内巻きにしてウェーブ完成

前髪の根元を立ち上げるようにアイロンを入れて、スライドさせながら中央部分を内巻きにする。外ハネ→内巻きの波巻きになるよう全体をカールづけ。巻き終えたら指でつまんで、バランス良く散らせて。

 

 

 

教えてくれたのは…

石川ユウキ さん

韓国メイクを日本人向けに落とし込んだ「ハニルメイク」の提唱者。卓越したテクニックとオリジナリティあふれるヘアメイクで、女優やアーティスト、merモデルからの使命も多い。スリーピース所属。


撮影/生駒由美
モデル/碓井玲菜
ヘアメイク/石川ユウキ(Three PEACE)

文/末永陽子
構成/祖谷美帆

※●はすべてヘアメイク私物です。価格はヘアメイクの申告及び編集部調べによるものです。