髪で小顔見え!? 3STEPでできる“ストレートヘア”の作り方

出会いの春
で可愛さ3倍増し
 3STEPヘアスタイリング 

ヘア&メイク界のプリンスこと石川ユウキさんが、定番のアレンジがグッと見違える簡単テクニックを紹介! 「ヘアが決まればメイクもより一層可愛く見えるし、オシャレ度もグンとアップしますよ!」と石川さん。直伝の技をマスターすれば、アレンジのクオリティも倍増。出会いの春、可愛いが加速すること間違いなし♡


Before

ボリュームゼロのタイトすぎるストレートだと、フレッシュさに欠けるしなんだか疲れた印象に。「日本人はハチが張っている人が多いので、トップをふんわりさせることで全体のバランスが良くなります!」と石川さん。

 

\トップはふんわり、毛先はタイトが好バランス/
ひし形シルエのストレート

ドライシャンプーのひと手間を加えることで、サロン帰りのようなふわっとした仕上がりを実現。トップが立ち上がり、理想のひし形シルエットが叶います。ハチの張りがカバーされて顔がすっきりと見える効果も。温→冷のブローテクを使えば、アイロンで仕上げるよりもナチュラルかつアカ抜けた印象に。


❤︎

ストレートヘアのルール

✔️ ドライシャンプーでペタッと感を回避

✔️ カーラーでトップを立ち上げる

✔️ 温風→冷風でシルエットをクセづけ

 

Use it

ミラクルズ ボリューム ドライシャンプー/パンテーン

「べたつきやのっぺり感をオフして、洗い立てのようなサラフワの髪に仕上げてくれます!」

 

How to

水スプレーで寝癖をお直し

寝癖やパカッと分かれた分け目を水スプレーで直す。その後、ドライヤーで軽く乾かして。寝癖がついたままだとその後のプロセスも決まらないので、髪を素の状態にリカバー。

 

ドライスプレーを頭皮にシュッ!

トップを中心にドライスプレーを吹きかける。髪の根元を持ち上げて、15cmほど離してスプレーするのが◎。髪のべたつきやペタッと感をオフしてふんわりとした状態をキープできます。
その後、
髪をコーミングして、トップの分け目をジグザグに分けて。

 

カーラーを入れ込み温冷でクセづける

トップの髪の中にカーラーを入れ込み、根元を立ち上げて理想のひし形を作ります。ドライヤーで温風を7秒当て、冷風を10秒当てる。冷えたときに髪のシルエットがクセづくので、冷風を長めに当てるのがポイント。

 Point 
毛先まで温⇔冷するとgood
の内側から手を通し、毛先を引っ張りながら温風→冷風を当てる。トップはふんわり、毛先は締まった黄金バランスのストレートが完成

 

 

教えてくれたのは…

石川ユウキ さん

韓国メイクを日本人向けに落とし込んだ「ハニルメイク」の提唱者。卓越したテクニックとオリジナリティあふれるヘアメイクで、女優やアーティスト、merモデルからの指名も多い。スリーピース所属。


撮影/生駒由美
ヘアメイク/石川ユウキ(Three PEACE)
文/末永陽子
構成/祖谷美帆

●はすべてヘアメイク私物です。価格はヘアメイクの申告及び編集部調べによるものです。