おうちでメイク練習! 2020夏カラーメイクは透明感アップの”カーキ”

Yurippa presents
New Self-makeup Lesson

プロ顔負けのテクニックと知識を持つ“コスメ博士”の菅沼ゆりちゃん。今回の企画では、その手腕を武器に、merモデルの悩みを解消しながらセルフメイクをアップデート! しかも使うアイテムは全て本人私物と、新たにコスメを買い足さなくてもいいのがうれしい♡ 的確なアドバイスを元にメイクのポイントを変えるだけで、その仕上がりはまるで別人!


ゲストモデル宮崎葉は
大人なカラーメイクを教えて欲しい!

「今までカラーまつエクや、マスカラをバーガンディにしたりと、カラーメイクに挑戦したこともあるけれど、正直自分のものにできていない感があって」と葉ちゃん。「今季トレンドのカーキなら絶対似合うよ!」とゆりちゃんが太鼓判♡

 

ふだんの葉メイク

「ブラウンベースのベーシックなメイクが多くて、カラーアイテムを使うと見慣れていないせいか違和感が…。でもメイクのマンネリを感じているのも本音。カラーコスメで大人な自分に出会いたい!」

▼ ▼ ▼

透明感までアップ
大人カジュアルなカーキメイク

葉ちゃんにおすすめしたいのは、この春トレンドの“カーキ”。甘すぎず、ブラウンメイクとの馴染みも抜群。大人っぽさとシャレ感を欲張れて、雰囲気がガラッと変わるよ!

使用コスメ
A

ペタル リキッド アイシャドウ 07/トーン

「春夏らしい、フレッシュな色みが◎。肌のトーンを選ばず使える優秀カラー」

B

アルカミストツイストフォーアイ 03/THREE

「カーキと相性の良い、くすみがかったピンク。印象がぼやけず、目元がしっかり引き締まる」

C

UZU アイオープニングライナー カーキ/ウズ バイ フローフシ

「黒やブラウンのアイラインよりもソフトに目元が締まるし、オシャレさがグンとアップ」

D
ジンジャーリップバター 9C10/シロ
「ラメ感の効いた、アンティークオレンジ。唇をふっくら&華やかに演出してくれる」 
E

エッセンスリップオイルカラー 0A04/シロ

「アンティークオレンジにレイヤードして使用。重ねるコトでツヤツヤ感がさらに倍増」

 

方法

 


リキッドシャドウで単色グラデを作る

「アイホールにAをぼかす。キワは濃く、上に向かって薄くなるように指の腹で馴染ませて単色のグラデーションに。カラーは淡くても、奥行きのある目元に仕上がります」

 


ブラウンを黒目の下にピンポイントでON

「下まぶたの黒目下に、Bをちょこんとのせて。淡いカラーだけだと目元がぼやけるので、締め色として投入! 黒目の大きさが際立って、瞳もパッチリ見えちゃう」

 


ラインを目尻にちょい足しする

「目尻だけにCでラインを引くよ。目尻の延長線上にややはみ出すように描くと、目の横幅も広がる! カーキで目元に小洒落たアクセントをプラス」

 


コクのあるオレンジをベースに投入

「Dのグロスを唇全体に馴染ませて、リップのベースに使って。繊細なキラキラもまとって、リッチな雰囲気を底上げ!」

 


シアーなオレンジをレイヤード

「口元に軽さが欲しいので、透明感のあるオレンジのグロスを重ね塗り。ツヤ感もアップするし、メイクにほんのり抜け感が生まれる♪」

 

ーーーーーーーーーー

「カーキ、ブラウン、オレンジの3色を使ったメイクは初めて。ハードルが高いと思っていたカラーメイクも、想像していた以上に馴染んで感動しました。メイクはバランスが大事だってことを痛感。明日からのメイクに生かします♡」


Advisor 

菅沼ゆり

抜群のファッションセンスのみならず、美容学校で学んだ確かな知識に自分らしさを加えたオリジナリティあふれるメイクテクニックも大人気。キレイのことならおまかせな、merの誇る美容番長。

撮影/鈴木悌絵
取材・文/末永陽子
構成/祖谷美帆