初心者必見!ツヤ肌をつくるナチュラルメイクの基本

メイクの基本と言えば、ナチュラルメイク!基礎をしっかり押さえておくことで、友達との旅行や彼氏とのデートなど、状況に応じて変化をつけてその場にあったメイクを楽しむことができます。最近はナチュラルメイク自体にも注目が集まっているので一石二鳥♡

しっかり覚えてあなたもメイク上手の仲間入り!

教えてくれるのはこの方!

今回はナチュラルで大人な雰囲気が魅力のインスタグラマー・石田一帆さんに、普段やっているナチュラルメイクを伝授してもらいます。 メイク上手として有名な石田さんが使用しているコスメやメイク道具にも注目♡


石田さんの愛用コスメはこちら! 上段左から ・THREE アルティメイト ダイアフェネス ルースパウダー ・NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー 1277 ・プレイリスト ファインストロークアイブロー BR-R3 ・ケイト デザインアイブロウ3D ・ナチュラルグラッセ メイクアップクリームN01 シャンパンベージュ ・NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー 1279


LESSON START!

メイクの前のすっぴん姿を公開! 普段からしっかりとスキンケアを欠かさない石田さんは、すっぴんでも充分に肌がキレイ。 そんなツヤ肌を活かしたベースメイクでどんな風に変化するのか・・・ご覧ください!


まず使用するのは、こちらの「ナチュラルグラッセ メイクアップクリームN01 シャンパンベージュ」。下地からファンデーション代わりにもなる優れもの!


肌全体にのせ、優しく押し付けないように全体に広げていきます。ほどよく顔色を明るくし、ツヤ感UPさせましょう。 ファンデーションというよりも美容クリーム感覚で、肌への負担を最小限に抑え、石鹸で落ちるところもオススメなんだとか! メイク初心者さんは、いきなり化粧品を使うことで肌がダメージを受けがち。素肌に優しいメイクをすることもキレイにのためには大切なんです。


続いて使用するのは、「NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー 1277」。


ファンデーションだけでは少しカバー力が足りないので、気になるクマや毛穴、シミにコンシーラーをのせていきます。このときも量を出しすぎず、優しく肌になじませていくのがポイント!


続いて同じように、「NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー 1279」を使用していきます。


濃い色のコンシーラーで気になる部分をしっかりカバー。その後は、薄い色のコンシーラーでなじませていきます。 「コンシーラーで隠して完了」ではなく、より自然になるよう指でなじませるのがナチュラルに仕上げるコツ!


最後に使用するのが、「THREE アルティメイト ダイアフェネス ルースパウダー」。


軽く肌にポンポンとのせ、全体のバランスを整えて完了!


自然な立体的!ナチュラル眉の作り方

メイクをする上で、意外と難しいのが眉毛!眉メイク次第でかなり雰囲気が変わるので、とくに気の抜けない部分です。そんな眉毛はできるだけ自然に、ふんわりと仕上げていきます。 まず使用するのは、「プレイリスト ファインストロークアイブロー BR-R3」。


自眉に合わせて形を整えていきます。このとき、眉の形が吊り上がらないように注意しましょう! あまり力を強く入れると色が濃くなってしまうので、優しい力で自眉となじむようにしていきます。


続いて使うのは、「ケイト デザインアイブロウ3D」。


アイブロウの中間の色で、隙間を埋めるように眉に色をのせていきます。 自分の眉の色や髪の色に合わせて、使用する色も変えていきましょう!


これにて、大人のナチュラルメイクが完成です!すっぴんに比べると肌色は明るくツヤもありますが、厚塗り感がなく自然な仕上がりに。 ちょっとしたお出かけなら、肌にも負担の少ないナチュラルメイクがオススメです♡


ニキビやシミはコンシーラーでなじませるのが正解!

ナチュラルメイクのポイントは、薄付きであっても隠したいポイントはしっかりカバーできているということ!ニキビやシミは、部分的にコンシーラーで隠していきましょう。 このときただ隠すだけでなく、” なじませる ” ことでナチュラルな仕上がりにすることが最大のポイントです!


このナチュラルメイクをベースに、あとはシーンに合わせてアイメイクやチーク、リップをセレクトすればOK! 春から新生活を迎えるメイク初心者さんは、春色の薄づきピンクのチークやリップを使って、フレッシュに仕上げるのもオススメです。 様々なメイクを楽しむためにも、まずは基礎となるナチュラルメイクをマスターしてみてはいかがでしょうか?


撮影/booro(BIEI)
文・構成/池田神代子