人気ヘアメイクさん直伝! ボブでもできる、絶対オシャレな巻き髪アレンジ

モデルからも絶大な人気を誇る、ヘアメイクアーティスト松田未来さんは女性らしい儚げアレンジの達人!そんな未来さんにボブヘアの人でも挑戦できる簡単ゆるふわアレンジを教えていただきました。

どこから見ても可愛い!儚げハーフアップおだんご

くしゃっと無造作にまとめたおだんごと柔らかな束感が絶妙な儚さを演出。ハーフアップおだんごならボブの人も挑戦しやすいので、ぜひ試してみてください。 【HOW TO MAKE】


①まず、アイロンで髪全体を平巻きにします。平巻きとはアイロンを床と平行にして髪を巻く方法のこと!そしてヘアオイルを毛先に揉み込んで、ハチ上の髪をざっくりとまとめます。


②まとめた髪をくしゃっと軽く握るようにおだんご状にして、ゴムで根元の部分を留めましょう。 おだんごから出た毛先はバランスを見ながらピンで留めます。このとき、おだんごがかっちりしないように注意!


③うなじ近くのアップにしていない髪を一束取り、後頭部に沿って毛先をピンで留めます。2、3ヶ所同じように固定します。


④下ろしている髪から太めの毛束を折り上げてバレッタで留めます。最後に細めの毛束を折り上げて三角ピンで留めれば完成です。


大きめのバレッタと三角ピンがアクセントになって、後ろ姿まで360度可愛い! 〈Point〉下ろした髪は軽い束感を作ると可憐な雰囲気が出て◎ オイルでウェットな質感を出すのがより大人っぽく仕上がる秘訣。


憧れの外国人少女風!サイド留めふわふわボブ

パーマのようなふわふわボブは誰もが憧れるアレンジ。そんな柔らかく動きがあるヘアスタイルに必要なのがベース作りなんです!基本となるふわふわベースの作り方は、記事の最後をチェック! 【HOW TO MAKE】


①ふわふわベース作りで全体を巻いた後、表面の髪を少しずつ取って斜めに巻いていきます。


②前髪は少しずつ毛束を取り、ストレートアイロンで毛先を内巻きにします。


③トップはくしゃっと握り、毛先はほぐしてボリュームを出すイメージでワックスを揉み込んでいきましょう。


④サイドのハチ上表面の髪を軽く取り、少し後ろに流すようにしてピンで留めます。


⑤さらに、こめかみの高さで同様に1カ所ピンで留めましょう。逆サイドも同じ高さで2カ所留めれば完成です!


後ろ姿はこんな感じです!パーマのような躍動感あるボブが可愛すぎ♡ 〈Point〉細かくしっかり巻き、ワックスで動きを出してボリュームあるベースを作りましょう。


ショート・ロング共通:未来さん流ゆるふわベースの作り方

【HOW TO MAKE】

①毛束を取り、毛先を内巻きにします。アイロンを外して、先ほどの巻き終わりにつなげて外向きへ2回転ほど平巻きを。髪が短い場合は根元まで巻き切ってOK!


②長さがある人は、さらに最初のカール終わりにつなげて外向きの平巻きを続けていきます。


③根元までしっかり巻きましょう。髪表面が温まったらアイロンを立てて優しく引き抜きます。 巻き残しに注意しながら、他の毛束も同じように。


④すべて巻き終わったら、束感がなくなるように毛束をふわふわにほぐして完成です。 〈Point〉顔周りの髪や動きを目立たせたいときは、細めの束でしっかり巻くと、ゆるふわ感がUPします! 簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてください。


撮影/真名子
ヘアメイク/松田未来