人気ヘアメイクさん直伝!ミディアムヘア向け、おくれ毛が可愛いニュアンスアレンジ

モデルからも絶大な人気を誇るヘアメイクアーティスト、松田未来さん。繊細なアレンジで女性らしさを引き立たせることを得意とする未来さんに、こなれて見えるおくれ毛アレンジを教えていただきました!第2弾となる今回は、ミディアム編です。

メリハリが可愛い!こなれ感満載な編みポニー

繊細でふわふわなおくれ毛にキュッと結んだフィッシュボーン、360℃どこから見ても可愛い! 一見凝って見えますが実は簡単にできるアレンジです。 【HOW TO ARRANGE】


① 初めに平巻きでベースを作ります。そして顔周りのおくれ毛を残して後ろの低い位置で結びます。このとき、サイドの髪は耳にかぶせるとラフなスタイリングに。


② まとめた髪の毛束を2つに分けてフィッシュボーンを作ります。タイトになるようきっちり編みましょう。難しい場合は三つ編みでも◎


③ 毛先が少し残るまで編んだらゴムで結びます。上の結び目部分に細いリボンで蝶々結びを作って、ガーリーさをプラス!


④仕上げに顔周りと前髪にワックスを付けます。クシャっともみ込み、細かい動きを出すように付けるのがポイント。


後ろ姿はこんな感じ。ふわっとした上部とタイトなフィッシュボーンのメリハリが可愛い!蝶々結びしたリボンがアクセントに! ≪POINT≫ 繊細さを表現するコツは、前髪の表面とサイドのおくれ毛に細かい動きをつけること!おくれ毛は重たくなり過ぎないように注意しましょう。


無造作感が絶妙に可愛い。ふんわり柔らかな低めおだんご

低めおだんごって一歩間違えるとダサくみえちゃう…。しかし、ゆるさを意識すればオシャレ見え間違いなしのアレンジが完成します。 オシャレおだんごのポイントになる“ふわふわベース”の作り方は、記事の最後をチェック! 【HOW TO MAKE】


①ふわふわベースで巻いた後、ワックスをもみ込みます。サイドの髪を耳にかぶせて残し、後ろは1つ結びに。


②結んだ毛束で輪を作り、おだんご状にします。輪の付け根部分にゴムをかけて結びましょう。


③結び目を押さえながら、トップの髪をひとつまみ分ずつ軽くひっぱり、ほぐします。


④サイドを2つに分け、後ろ側の毛束をおだんごの根元に巻きつけてピンで留めます。


⑤おくれ毛を細かく残し、前側の毛束も巻き付けます。耳下へ引っ張りたゆませてからピンで留めましょう。


ゆるっとした低めおだんごが大人っぽさ満載!まとめ髪が増えるこれからの時期にピッタリなアレンジです。 ≪POINT≫ おだんご・耳にかぶせるサイド・おくれ毛を低めに作ることを意識しましょう!そうすることで、よりラフに仕上がります。


未来さん流ゆるふわベースの作り方

【HOW TO MAKE】

①毛束を取り、毛先を内巻きにします。アイロンを外して、先ほどの巻き終わりにつなげて外向きへ2回転ほど平巻きを。髪が短い場合は根元まで巻き切ってOK!


②長さがある人は、さらに最初のカール終わりにつなげて外向きの平巻きを続けていきます。


③根元までしっかり巻きましょう。髪表面が温まったらアイロンを立てて優しく引き抜きます。巻き残しに注意しながら、他の毛束も同じように。


④すべて巻き終わったら、束感がなくなるように毛束をふわふわにほぐして完成です。 〈Point〉顔周りの髪や動きを目立たせたいときは、細めの束でしっかり巻くと、ゆるふわ感がUPします!


未来さん流アレンジ→ボブ編はこちら

撮影/真名子
ヘアメイク/松田未来