【美容のお悩み解決 vol.6】キツく見えないアイラインの引き方を教えて!

ユーザーから寄せられたお悩みに、美容の専門家が一問一答形式でお答えする連載。今回は、メイクに関してのお悩みです。

今回のお悩み:キツく見えないアイラインの引き方が知りたいです

メイクのお悩みの中でも、アイメイクに関するものが特に多く寄せられました。 パッチリとしたデカ目作りにアイラインは必須ですが、キツい印象になってしまう方が多いよう…。 目元の印象が変わると顔全体のイメージもガラリと変わるので、上手なテクニックを身につけたいですよね。優しくて可愛い、パッチリ目を目指しましょう!


解決策:たれ目ラインでキュートな雰囲気をメイク

キツい印象に見えてしまう原因の一つに、切れ長アイのように見えるラインを引いてしまっていることが挙げられます。写真のように、跳ね上げ気味にアイラインを引いていませんか?


また、このようにオーバーラインのしすぎもキツく見えてしまう原因です。目を大きく見せたいからといって、やり過ぎは禁物ですよ。


★たれ目ラインの引き方

アイラインを引くときは、まぶたを指で軽く持ち上げましょう。こうすると、まつ毛の隙間がよく見えるようになります。


この状態で、まつ毛の隙間を埋めるようにしてアイラインを引いていきます。アイラインが太すぎると二重幅が潰れてしまい、逆に目が小さく見えてしまうことも。また、濃いメイクに見えてしまってキツく見える原因にもなるのです。 ラインをガッツリ引くのではなく、まつ毛の隙間を埋めることを意識すると、ナチュラルなデカ目をメイクできますよ。


ラインは少し下側に向かって2、3ミリ程度オーバーラインさせます。このラインが、目元を愛らしいたれ目に見せるカギなのです。 ラインの終わりはスッと先細りになるようにするのもポイント。腕の力を抜くようにすると良いですよ。こうすると、より自然な目元になります。 細めのラインを引くには、リキッドタイプのアイライナーを使うのがオススメ。初心者さんでも使いやすいです。


こちらがたれ目ラインの完成図。ナチュラルで優しげな目元になりました♡ ポイントは、 ❶ラインを細めにする ❷下側に2、3ミリ程度オーバーラインさせる ❸ラインの終わりは先細りに の3つです。


たれ目ラインは男女ウケ◎ キュートなアイラインを試してみて♡

女性だけでなく、男性から見ても優しそうな目元の方が何だか話しかけたくなるもの。アイラインでキツく見えてしまっていた人は、今すぐたれ目ラインにチェンジしましょう。優しげな印象で、モテメイクに♡ キュートになれるアイメイク、ぜひ試してみてくださいね。


撮影/booro(BIEI)
モデル/平澤由理

文・構成/西田彩花
…美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバイザー検定資格保有。美容ライターとして、「キレイになりたい」と願う女性に響く情報を発信。