ヨレても平気!劇的に崩れなくなる “メイクの直し方”

蒸し暑くて汗をかくため、メイク崩れが気になる夏。間違った直し方をしていると、何回も直すハメに…
正しい対処法を知ることで、繰り返しメイクが崩れるのを防ぎましょう!

今回は、銀座ケイスキンクリニック院長・慶田朋子先生と資生堂PRの竹政佳恵さんがメイク直しのお悩みについて答えてくれました。

Q.メイク直しが上手にできません…

1《テカった時の直し方》

①よれたファンデーションや皮脂などの上に軽くティッシュを押し当てて、優しくオフ。


②テカリ補正効果のある部分用下地を小鼻などの気になる部分に、指でくるくると馴染ませましょう。


③上からファンデーションを馴染ませれば、つけたてのようにつるんとした肌に!



【おすすめの部分用下地】
A マキアージュ フラットチェンジベース2700円(編集部調べ)/資生堂
B RMK スムージングスティック2500円/RMK Division
C エスプリーク Tゾーンくずれ 防止 ベース1500円(編集部調べ)/コーセー

2《メイク崩れの直し方》

①あぶらとり紙で余分な皮脂を、こすらずに優しく押さえます。


②スポンジのキレイな面を使って、崩れた部分のファンデーションのみふき取ります。


<POINT> ファンデーションは、化粧水ミストで水分補給してからふき取るとキレイに仕上がります!


③ふき取った部分に下地を乗せます。 下地から塗り直すことで、ファンデーションが再び崩れるのを防いでくれる!


④下地を塗った上からファンデーションを少量付けて馴染ませれば、メイク直し完了!



【おすすめの仕上げ&保湿用ミスト】
A 肌ラボ 極潤 ヒアルロンミスト748円(編集部調べ)/ロート製薬
B フリープラス エアシャワーミストa 2500円/カネボウ化粧品
C マキアージュ ビューティーロックミスト1800円(編集部調べ・数量限定品)/資生堂

アドバイス/銀座ケイスキンクリニック院長・慶田朋子先生
資生堂PR担当 竹政佳恵さん
撮影/生駒由美