【美容のお悩み解決vol.8】プチプラコスメで憧れのパッチリまつ毛になりたい!

ユーザーから寄せられたお悩みに、美容の専門家が一問一答形式でお答えする連載です。今回は、パッチリとしたまつ毛の作り方についてです。

今回のお悩み:まつ毛が上手に上がりません。パッチリとした目元をメイクするには?

パッチリとした目元に憧れる方は多いようです。しかし、まつ毛メイクが上手くいかないという声もありました。 パッチリとした美まつ毛をメイクできれば、くりっとしたお人形さんみたいな目に近づけます。筆者おすすめのアイテムを交えつつ、パッチリまつ毛のメイクテクニックをご紹介しましょう。


①ビューラーの使い方を工夫してみよう

ビューラーでまつ毛を上げる際も、なんとなく上げていたらパッチリとした目元になりません。しっかりとカールアップするように意識しましょう。 使用したのは愛花ちゃんの普段使いコスメ「アイラッシュカーラー(資生堂)」です。


まず、まつ毛の根元にビューラーをグッと入れ、しっかりと持ち上げます。ここで5秒程度キープすると、カールアップ力が強めに出ますよ。


根元から毛先に向かって3、4回に分けてビューラーを当てていきましょう。このとき、徐々に力を弱めていくのがポイント。 毛先にビューラーを使用する際、力を入れすぎると「カクン」としたまつ毛になってしまいがちなので注意して。


②マスカラ下地を使ってみよう

こちらが筆者おすすめのマスカラ下地「ラッシュボーン ブラックファイバーイン(マジョリカマジョルカ)」です。 いつも使っているマスカラの前にプラスするだけ。マスカラ液がしっかりと絡み、太さと長さが出ます。


マジョリカ マジョルカ ラッシュボーン ブラックファイバーイン/1,200円(税抜)

コーム型なので、まつ毛をとかすようにして塗っていきましょう。まつ毛同士がくっつくのも避けられます。 マスカラ下地が塊になってまつ毛に付くと、マスカラがダマになってしまいます。均一に付くように注意して。 上下のまつ毛に塗ってください。


③マスカラの塗り方にもコツがあります

マスカラはお手持ちのものを使いましょう。 今回使用したのは、愛花ちゃんの普段使いコスメ「ラッシュニスタ オイリシャス 01ブラック(メイベリン)」です。


まつ毛根元にマスカラをグッと押し当て、そのまま毛先まで引き抜くようにして塗りましょう。よりボリュームを出したい場合は、左右にジグザグと動かすようにすると良いですよ。 これを2、3回繰り返すと、マスカラ液がしっかりと絡んで太いまつ毛になります。


下まつ毛は、まずマスカラブラシを縦にして塗るのがポイント。短い毛もキャッチしやすいですよ。


短い毛にもマスカラ液が絡んだら、マスカラブラシを横向きにしてもう一度重ね塗り。こうすると、長さとボリュームがしっかりと出ます。


④トップコートでカールキープ!

こちらは筆者おすすめのアイテムです。「クイックラッシュカーラー 透明タイプ(キャンメイク)」。 マスカラ下地としても使えますが、今回はトップコートとして使用します。


キャンメイク クイックラッシュカーラー 透明タイプ/680円(税抜)

両面がコームになっていますが、コームが長い面を使って上下のまつ毛にサッと重ね塗りしましょう。まつ毛がキレイなセパレート状になり、カール力もキープできます。 また、マスカラが落ちにくくなるのでパンダ目防止にも。


プチプラコスメをプラスして、まつ毛メイクを工夫するだけ。こんなにパッチリとしたまつ毛に仕上がりました。


⑤普段の自まつ毛ケアも大切に

パッチリまつ毛を作るためには、自まつ毛のケアもとても大事です。

こちらが筆者おすすめのまつ毛美容液。「ラッシュセラムN(アヴァンセ)」です。 根元まで塗りやすく、目元にも優しい処方。ハリやコシをアップさせ、ツヤッとした美まつ毛を目指せます。生まれ変わるまつ毛を保護するのが特徴。 朝晩の洗顔後にサッと塗るだけの簡単ケア!自まつ毛が元気だと、パッチリまつ毛もメイクしやすくなりますよ。


アヴァンセ ラッシュセラムN/1,500円(税抜)

あなたも憧れのパッチリ美まつ毛を目指して♡

お人形さんのようなパッチリとした美しいまつ毛は、思わず引き込まれそうな魅力があります。まつ毛メイクのお悩みは、プチプラアイテムと簡単テクニックで解決しましょう!


※記事内の「愛花ちゃんの普段使いコスメ」は全てモデル私物、商品名等は編集部調べです。

撮影/booro(BIEI)
モデル/荒井愛花

文・構成/西田彩花
…美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバイザー検定資格保有。美容ライターとして、「キレイになりたい」と願う女性に響く情報を発信。