【美容のお悩み解決vol.9】ヨレない、テカらない!夏でも崩れにくいメイク方法って?

ユーザーから寄せられたお悩みに、美容の専門家が一問一答形式でお答えする連載。第9回のテーマは、真夏の今、特に気になる化粧崩れについてです。

今回のお悩み:化粧崩れしにくいメイク方法を教えて!

この夏は暑い日が続き、「テカリが気になる」という声が多く寄せられました。特に、おでこや鼻といったTゾーンの化粧崩れが気になる方が多いようです。 そこで今回は、化粧崩れしにくいメイク方法をご紹介! 筆者おすすめの化粧崩れに強いアイテムもあるので、ぜひチェックしてみて。


①ベースメイク編

まずは一番お悩みが多かったベースメイクから。 筆者おすすめのアイテム、「皮脂テカリお直し液(セザンヌ)」を使ってみましょう。キャップを開けるとブラシが出てきて、直接塗れるお手軽タイプです。


セザンヌ 皮脂テカリお直し液/¥580(税抜)

【STEP1】 化粧下地を塗った後で、気になるTゾーンに塗ってください。 少なめの量でも皮脂を防げるので、ササッと伸ばすように塗りましょう。 3種類のパウダーが入っていて、毛穴の凹凸をカバーしてくれます。テカリを防ぎながら肌悩みをカバーできる優れもの!全体に塗ったら、指でトントンと馴染ませましょう。


皮脂テカリお直し液を塗ったら、ファンデーションを塗っていきます。 今回使用したのは、愛花ちゃんの普段使いコスメ「ファンデーション(RMK・写真右)」です。 化粧下地も、愛花ちゃん愛用の「トーンアップUVミルク(ランコム・写真左)」を使用しました。


【STEP2】 ファンデーションはいつも通りの塗り方でOK! リキッドファンデーションを上手く塗れないという方は、写真のようにスポンジを使ってみてください。ムラになりにくいですよ。


仕上げには、筆者おすすめの「パーフェクトルースパウダー(ヴィセ リシェ)」を。 皮脂吸着パウダー配合なのでテカリを長時間防げます。ホワイト系とベージュ系の2色展開ですが、透明感の出るホワイト系「00 ルーセント」を使用しました。


ヴィセ リシェ パーフェクトルースパウダー/¥1,500(税抜・編集部調べ)

【STEP3】 パウダーは、パフで付けてもブラシで付けても◎。パフだとハーフマットな仕上がりに、フェイスブラシだとふんわり柔肌になりますよ。 優秀ルースパウダーで色ムラと毛穴を同時にカバー。汚く見えてしまう毛穴落ちも回避。 サラッとした肌に仕上げつつ乾燥からは守ってくれるので、冷房が効いた部屋などでも安心ですね。 これでベースメイクは完成です! この崩れにくさ、ぜひあなたも体感してみて。


②ポイントメイク編

ベースだけでなく、ポイントメイクも崩れが気になるところ。「眉が消えてしまう」「パンダ目になってしまう」という2大お悩みを解決していきましょう。

まずはアイブロウメイクから。 筆者おすすめのアイテムは「アイブロウコート(キスミー フェルム)」。前髪の擦れや汗で眉が消えてしまうのはよくあることですが、これならそんな“眉落ち”を防いでくれます。


キスミー フェルム アイブロウコート/¥500(税抜)

眉メイクはいつも通りで大丈夫。今回使用したのは「カラーリング アイブロウパウダー(ヴィセ リシェ)」で、愛花ちゃんの普段使いコスメです。 【眉メイクを落ちにくくする方法】


眉を描いたら、その上からアイブロウコートをサッと塗ります。 皮脂や汗、擦れに強い処方で、キレイな眉を長時間キープできます。また、テカらず自然な仕上がりに。眉毛をケアする成分が配合されているのも嬉しい。 続いてアイメイク。こちらは簡単テクニックを使いましょう! 【アイラインを落ちにくくする方法】


まず、アイシャドウを塗ります。塗り方は普段通りで良いですが、この段階では締め色を使いません。また、アイシャドウはパウダータイプをセレクトして。


ここからがポイントで、アイラインを引いた上にアイシャドウの締め色を塗るのです。アイラインをボカすようにするとナチュラルな仕上がりに。 ❶パウダータイプのアイシャドウ(ここでは締め色以外を使用) ❷アイライン ❸パウダータイプのアイシャドウ(締め色をアイラインに重ねる) こうしてアイラインをパウダーでサンドイッチ状にすることで、落ちにくさがアップします。 【パンダ目を防ぐ方法】


マスカラを塗ったら、下まぶたにフェイスパウダーを乗せましょう。ベースメイク編でご紹介した「パーフェクトルースパウダー(ヴィセ リシェ)」が、ここでも活躍します! これでさらにアイメイクの滲みを防止できますよ。 ひと手間かけるだけでパンダ目を防げるので、ぜひ試してみてください。


朝の「可愛い」を長時間キープしよう!

せっかく可愛くメイクしても、テカテカになったりパンダ目になったりすると残念ですよね。 おすすめアイテムや簡単テクニックを上手に使って、化粧崩れしにくいメイクをしてみてください。みなさんもメイクしたての「可愛い」をキープしましょう♡


※記事内の「愛花ちゃんの普段使いコスメ」は全てモデル私物、商品名等は編集部調べです。

撮影/booro(BIEI)
モデル/荒井愛花

文・構成/西田彩花
…美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバイザー検定資格保有。美容ライターとして、「キレイになりたい」と願う女性に響く情報を発信。