リップだけで劇的変化!“なりたいイメージ別”カラーの選び方

「イメージチェンジしたい」ときはリップの色を変えるだけで、顔の印象がガラリと変化! 今回はなりたい印象別にオススメのカラーとメイク方法をご紹介します。

上品カジュアル▷オレンジレッド

ナチュラルレディに仕上げたいときは上品さとカジュアルさを兼ね備えたカラー、“レッドオレンジ”のリップが◎。真っ赤ではないので、しっかり塗っても派手になりすぎません!


【HOW TO MAKE】 Aのオレンジブラウンを塗ったあとにBのオレンジレッドを重ねてしっかり発色させましょう。アイラインと眉はちゃんと入れて大人っぽさを演出。


A.トニーモリー パーフェクト リップス カービング リップスティック08
B.M・A・C マット リップスティック チリ

レディな女性▷ワインレッド

赤よりも深みがあって艶っぽい“ワインレッド”は塗るだけで女度が急上昇。深みのある色合いは肌を明るく見せてくれる効果も!


【HOW TO MAKE】 唇の中心から端へしっかりとリップを乗せます。上下に塗って、しっかり馴染ませましょう。キツい印象にならないよう、アイメイクは薄めに仕上げるのがポイントです!


シャネル ルージュ ココ 446

大人可愛い▷オレンジブラウン

大人可愛い印象に仕上げたいときはヘルシーながらも深みのある“オレンジブラウン”が◎。カジュアルなオレンジも深みが加わることで、品良くキマります。


【HOW TO MAKE】 上下ともしっかり色が付くように、何回も往復して重ね塗りしましょう。オレンジブラウンのリップが主役になるよう、他のメイクはナチュラルに仕上げて!


セルヴォーク ディグ二ファイド リップス 09

ポップガーリー▷マットオレンジ

元気なイメージで仕上げたいときはツヤ感なしの“マットオレンジ”に挑戦! オレンジなら浮きにくいので、マットでも取り入れやすいです。


【HOW TO MAKE】 唇の中心から端に向かってリップを乗せていきます。馴染ませながら上下しっかり色づけしましょう。


ベルベット リップティント アイシングコーラル

こなれカジュアル▷ラメ入りマットブラウン

ラメのメタリックさとマットな質感がこなれ感を演出してくれます。今季トレンドのブラウンを取り入れれば一気に旬顔に。


【HOW TO MAKE】 下唇にポンポンと軽めに乗せたあと、指で叩いて全体に色を馴染ませましょう。色味を抑えたいときはティッシュでオフして調整して。


M・A・C レトロ マット リキッド リップカラー フォイルド

撮影/生駒由美・芝崎テツジ