ポイントは3 つだけ!眉メイクで毎日簡単イメチェン

メイクがマンネリ化してしまうというお悩みはよく聞きます。イメチェンするのに手っ取り早いのが、実は眉。アイブロウメイクを変えて、いつもと違った自分に変身してみましょう! フェミニン系とカジュアル系、今日はどっちにする?

今回のお悩み:簡単にイメチェンできる方法はないの?

毎日メイクしていると、どうしてもマンネリ化してしまいがち。簡単にイメチェンできるものの一つに、アイブロウメイクがあります。 眉が違うと顔全体の印象も変わります。眉の描き方を工夫して、脱・マンネリ! 今回は2種類のアイブロウメイクをご紹介します。


①“長めのなだらかカーブ”でフェミニン眉に

まずはフェミニン系。使用したのはこちらです。

A.ケイト「デザイニングアイブロウ3D・EX-5 ブラウン系」(¥1,100・税抜、編集部調べ)/カネボウ化粧品。 各色をブレンドして、自分に合った絶妙ブラウンを作れます。 B.フーミー「アイブロウブラシ 熊野筆」(¥1,800・税抜) 適度なコシがあり、テクいらずで眉メイク上手に! C.ケイト「アイブロウペンシルA・BR-2」(¥550・税抜、編集部調べ)/カネボウ化粧品。 自眉が生えているかのような自然な仕上がりで、眉尻まで美しく描けます。極細芯が使いやすい。


フェミニン眉のポイントは3つ。 ❶眉全体を細めに仕上げる(写真A) ❷眉山はなだらかにする(写真B) ❸眉尻は長めにする(写真C) 細めの眉は女性らしく大人っぽい印象に。眉山の角度を急にすると、キツいイメージになりがち。ここではなだらかにしてみましょう。 さらに、長め眉は落ち着いた印象を与えます。


まずはアイブロウペンシルで眉の足りない部分を描きます。1本1本、眉を描き足すイメージで。この時点で眉尻を長めに描いておきましょう。


次に、ブラシにアイブロウパウダーを取り、眉全体を描いていきます。細めに、そして角度をつけすぎないよう意識してください。 濃すぎるとマニッシュな印象になるので注意して。


こちらで完成です。3つのポイントを押さえるだけで、グッとエレガントな印象に! 優しげな大人女子を演出したいときにおすすめ。


②“太めストレート”でカジュアル眉に

次はカジュアル系。アイブロウパウダーのみ使用アイテムを変えました。

A.フーミーの「アイブロウパウダー・+red brown」(¥1,800・税抜)。 立体感のある眉をメイクできます。右端のピンクをプラスすれば、一気にオシャレ眉に。 ブラシ(B)とペンシル(C)はフェミニン眉と同様のものを使用しました。


カジュアル眉のポイントも3つ。 ❶眉全体は太めに仕上げる(写真A) ❷緩やかな直線のストレート眉にする(写真B) ❸眉尻は短めにする(写真C) 太めの眉は、ややマニッシュな印象に。また、角度をつけないストレート眉はヘルシーな魅力をアピールできます。角度をつけすぎると貫禄が出るので、ここでは避けましょう。 さらに、短めの眉はフレッシュさも◎。


カジュアル眉も、ペンシルで足りない眉を足すところから。今度は眉尻が長くならないよう気をつけて。


ブラシでパウダーを乗せていきます。自眉の下に描き足すようにすると、ストレートな太眉がナチュラルに仕上がりますよ。 ただし、のっぺりとした太眉は野暮ったい印象になってしまうので、眉下にパレット右端のピンクを入れるのがオススメ。眉の輪郭を浮き立たせて、立体感のある垢抜け太眉を目指しましょう!


先ほどとは違い、キリッと引き締まった印象に。意志のしっかりした女性を演出したいときにぴったり。 適度なカジュアルさが出るので休日メイクにも◎。


今日はどっちのあなたを楽しむ?

アイブロウメイクを変えるだけで随分イメージが変わります。しかも今回紹介したものは、どちらも3つのポイントを押さえるだけ! 簡単にイメチェンできるので、毎日のメイクが楽しくなりそうです。 フェミニン系とカジュアル系、今日はどっちのあなたに変身してみる?


撮影/booro(BIEI)
モデル/まつきりな

文・構成/西田彩花
…美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバイザー検定資格保有。美容ライターとして、「キレイになりたい」と願う女性に響く情報を発信。