あなたの「くすみ」の原因は? タイプ別に肌対策をチェック!

顔のくすみって気になりますよね。くすみがなくなるだけでも、パッと美しく見えるものです。今こそ本気の対策を考えてみませんか?

今回のお悩み:肌のくすみをどうにかしたい…

肌のくすみに悩んでいる方、やはり多いようです。本気の対策をしたい…といったところですが、ちょっと待って。 くすみには、実はいくつかのタイプがあります。自分のくすみの原因は何なのかを見極めて、正しいアプローチをすることが大切なのです。


簡単くすみタイプ診断

くすみのタイプは5種類。自分はどれなのか、鏡を見ながらチェックしてみましょう。それぞれ、より多く当てはまるのが自分のくすみタイプです。原因は1つでないこともあります。

❶角質肥厚型 ・顔のくすみがひじやひざ、かかとのくすみと色が似ている(どんより灰色っぽい) ・肌が硬く、ごわつきが気になる ・肌がザラザラする ・毛穴や角栓が目立つ ・化粧水が浸透しにくく感じる これらに多く当てはまるタイプはターンオーバーの乱れが原因。角質が肥厚し、肌がくすんでしまうのです。ピーリングケアなどが有効。


❷血行不良型 ・全体的に顔の血色が悪く、青黒い ・冷え性なのが悩みだ ・むくみやすい ・最近、寝不足や運動不足が続いている ・目の青クマが目立つ (※青クマとは…血行不良が原因でできるクマ。見分け方は、目尻を軽く引っ張ってみるもの。そうすると、クマが少し薄くなります。また、日によってクマの濃さが違うのも特徴です) 疲労や加齢、寝不足などで血行が悪くなり、くすんでしまいます。マッサージや入浴など、血行をよくする習慣も大切。化粧品成分では、カプサイシンなどに血行促進作用があります。


❸メラニン型 ・肌が黄みがかっていて、色ムラがある ・朝よりも夕方のくすみが気になる ・シミが増えてきた ・紫外線をよく浴びる ・肌をこする癖がある 紫外線や肌の摩擦によりメラニン色素が作られますが、このメラニン色素が肌に溜まると色素が沈着してくすんでしまうのです。このタイプは、美白ケアに重点を置いて。日頃からしっかりとUV対策するのも大切です。 また、顔を拭いたり化粧水を塗ったりするときは、「今までより優しく」を意識してみて。不必要な摩擦を避けましょう。


❹糖化型 ・茶色っぽい黄ぐすみだ ・肌のハリや弾力がなくなってきた ・口角が下がってきて、頬や顎のたるみも気になる ・髪のコシやツヤもなくなってきた ・甘いもの、炭水化物、脂っこいものをよく食べる 肌の中でタンパク質と糖が結びつくことが原因です。血糖値が急増しない食事を心がけましょう。 糖化に注目した美容液でケアするのも◎。他には、ビタミンB1やビタミンB6、αリポ酸なども効果的な成分です。


❺乾燥型 ・肌全体に透明感やツヤがなく、キメの乱れが気になる ・小ジワが目立ってきた ・肌がカサカサと乾燥している ・冬になると特にくすむ ・スキンケア直後は肌が明るいが、時間が経つとどんより暗くなる 加齢や乾燥でキメが乱れると、肌表面に凹凸ができます。この凹凸に光が乱反射し、肌がくすんで見えるのです。このタイプにはやはり保湿ケアが大切。普段のケアにプラスして、保湿美容液などを取り入れてみましょう。


次回はオススメのアイテムをご紹介します!

あなたのくすみ、どのタイプでしたか?実は糖化型だったのに、血行促進ケアで対策していた…そういったNGケアを防ぐためには、自分のくすみタイプを見極めることが大切なのです。 また2つの原因に当てはまった場合は、どちらのケアもしましょう。 次回は、それぞれのタイプにオススメのコスメをご紹介します。本気のくすみケアに役立ててくださいね。


文・構成/西田彩花
…美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバイザー検定資格保有。美容ライターとして、「キレイになりたい」と願う女性に響く情報を発信。